☆仙骨動可法は、仙骨のフリーズを解消させ、皆様自身の自然治癒力により、諸症状を改善して戴くことを目的としているため、「○痛・△症に適応」という表現は、致しません。

首肩手の質問

腰周辺の質問

脚・膝の質問

他症状の質問

女性の質問

予約の質問

その他の質問

動可法の質問

幸せな生活のために

独身女性の方へ…   夫と呼ばれる方へ…   子育て中の方へ…   外出し≠避妊   あげまん・さげまん

    

☆若い女性の方へ…

出来ちゃった結婚が、全盛の時代?のようですが、妊娠・出産は、女性の命を奪うことがあることを、肝に銘じておきましょう。健全な子供は、健全な母胎から産まれます。生理不順・生理痛等は、意外に軽視されがちですが、母胎が不完全である証なのです。骨盤にも、何らかの異常があると思われます。不完全な状態で妊娠すれば、経過の悪い妊娠生活を送る危険も高くなり、胎児の発育にも影響してしまいます。

 アダルトビデオの見過ぎなのか、「(精液を)中で出さなければ…」等、間違った避妊の知識で、安易な性行為を行っている方も、多いと思いますが、正しい避妊の知識を身につけ、望む時に、万全な体調と、経済状態で、妊娠・出産をして下さい。「出来ちゃったから、産みました」…子供は、排泄物ではありません。

 H(エッチ)等と言って、性行為を娯楽と考えている男女が多いようですが、性行為=交尾=子作り…なのです。正しい避妊処置をしないで行えば、妊娠するのは当たり前です。性行為=娯楽…にしたいのなら、正しい避妊法を勉強し、実践して下さい。精子は、男性の意志で、コントロール出来ません。避妊具や避妊薬を使用しないで、性行為を行えば、妊娠するのが普通と考えて下さい。

 「相手の男性に嫌われたくないから」「女性から避妊の話をするのは恥ずかしい」「(男性が)中で出さないから大丈夫」…そんな気持で、性行為をしていませんか? 話し合いも出来ない間柄で、ずっと幸せな生活が送れるとは思えません。仮に、一夜の恋であっても、自分(女性)だけが傷付く恋で、楽しいのでしょうか? 妊娠したくないのなら、しっかり避妊をする。避妊をしないのなら、これからの人生設計を考える。肝に銘じましょう。

☆夫と呼ばれる方へ…

 起きたら、朝食。帰れば、夕食。洗濯物も、常に完璧…こんな楽な生活はありませんが、その陰には、奥様の苦労があることを、忘れてはなりません。

 家族の予定に合わせ、自分のリズムで生活できないのは、かなりのストレスになります。職場には、定休日があり、身体を休められますが、主婦業は、年中無休です。「3食昼寝付き」とは言いますが、家族より早く起き、家族より遅く寝る生活による負担が、昼寝をしただけで、リセットされることはありません。ましてや、パート勤めをされている奥様だったら、尚更です。

 熟年離婚が流行っているようですが、年老いてから、淋しい思いをしないためにも、奥様の負担を理解して下さい。主婦業にも、定休日を作ってあげましょう。連休等で、長期の休みが取れる時は、是非、主夫を体験してみて下さい。人のリズムで生活することの大変さが、多少理解できると思います。

☆子育て中の方へ…

 「子は親の鏡」と言われます。親の言葉遣いや仕草、食の好み等、子供は、親の真似をして育ちます。公の場で、子供に向かって怒鳴っている親を見かけますが、それは、親自身の欠点を、さらけ出しているようなものです。

 育児は大変な仕事ですが、その大変な仕事を行うためには、親の心身に余裕がなければなりません。しつけと称して、子供を虐待するニュースが報道されますが、子供に罪はありません。

どうしても欲しくて、手に入れた物であれば、大切にするのが普通ではないでしょうか。「出来ちゃったから」「相手の連れ子だから」…そんな気持を持っていませんか? 少しでも、持っていたら要注意です。身体のバランスが崩れると、精神も乱れます。それが、子供の虐待に…。そうならないためにも、日頃から、ご自身の身体のことを考えて下さい。

☆あげまん・さげまん・あげちん・さげちん

科学的根拠は、全くありませんが、自身の経験や、過去、万を超える人を見てきて、感じたことですので、サラッと御覧下さい。

生まれも育ちも違う男女が、一つの家庭という社会を築き上げるのが、普通です。私は、落伍者ですが…(^o^;) ただ、昔は、女性だけが耐えることで、外見上は、平和な家庭を築き上げていましたが、男女平等の現代では、そうも行かなくなりました。それが、離婚の増加ですね。私も、人のことは言えませんが…(^O^;)

不倫は文化…と言う迷言を言った有名人がいましたが、「♂は、より多くの自分のコピーを残し、♀は、より優れた♂のコピーを残す」のが、動物の本能です。人間の場合は、理性の働きで、本能をコントロールしていますが、中には、コントロール出来ない人も…(^o^;)

昔のテレビ番組では、「苦節●年。結婚してから、苦労の連続で…」等、お情け頂戴内容が、よく放送されていました。年配の患者さんからも、良く聞きました。でも、それって、結局、さげまん・さげちん同士が結婚したので、そうなったと思えませんか? 有名人でも、結婚することで、人気が急降下する人もいました…。

万物には、必ず相性がありますから、悪い者同士が結びつけば、より悪くなるのは、当然かも知れません。それを、単に、「愛」と言う勝手な思い込みで、理解不能にしているだけです。

私自身、元妻との出会いでは、色々ありました。◆付き合って1ヶ月にもならない頃、単車に二人乗りしていて、最初で最後?のスピード違反で捕まる。◆車で、初日の出を見に行った(曇で見えず)朝、無保険車にオカマを掘られる。◆結婚したら、何でもカード払いの元妻の影響で、借金が増える。◆それを霊障のせいにして、霊感商法に騙され、500万円の借金を背負う。◆昼夜働いて、借金を返済し続けても間に合わず、元妻は、「こんな生活イヤ!」と言って、飲み屋で知り合った男と出ていく(その男の子供を妊娠していた模様)。

離婚当日の朝、夜中のバイト明けの私は、そのまま、元妻と最後のドライブに。と言っても、近場を走っただけですが…。その車中で、驚くべき元妻の発言が…(◎_◎) 高校生の時に付き合った社会人の男は、すぐ会社をクビになった。バブルの時に勤めた不動産会社の上司と不倫関係になり、上司の車でドライブをしていて、一方通行を逆走し、トラックと正面衝突。更に、上司は、保証人になっていた友人が逃亡したため、持ち家を失った…(゚゚;)エエッ 明らかに、さげまんですね!

知り合ったら、子供を作る前に、しっかりと身の回りの出来事を、検証してみましょう。そして、危険を感じたら、深みにハマる前に、原点に戻りましょう。苦労するよりは、単身のほうが平和ですし、自助努力をしていれば、いつの日か、理想の人との出会いがありますって…(^o^)v