〜人間は、2本の脚で立つ、不安定な構造物〜

☆左の画像をご覧下さい。(画像にカーソルを当てると、問題個所がわかります)

☆身体が右に傾き、右肩が下がっています。そして、上体が右に捻れています。更に、右臀部が下がっています。

☆両足に掛かる体重を計測すると、左足21kg・右足29kg。右足に、8kg余計に体重が載っています。体重1kgの増加で、脚の関節面に掛かる負荷は、3〜10kg増と言われていますので、右脚の関節には、相当な負荷が、かかっています。更に、見かけ上、左脚が1cm短くなっています。そのため、右膝痛を、訴えていました。

☆右に傾き、右過重ですから、黙っていれば、右に転倒します。それを、左半身を中心として、常に筋肉を緊張させることで、防いでいるのです。それにより、肩こりや背部痛が発生します。

☆仙骨が正常に連動していれば、このような身体にはなりません。この場合も、四肢の関節の可動は、正常でした。

☆四肢以外にも、関節はあります。そして、関節であるにもかかわらず、その可動を自覚できない関節が、仙骨の動きの軸となる仙腸関節なのです。そして、仙腸関節の拘縮を、オフィスNでは、仙骨フリーズと呼んでいます。



仙骨周辺の簡単な解剖

    

☆仙骨の位置&上半身の骨格です。
※枠で囲った部分が骨盤と呼ばれる部分になります。更に、骨盤を分解すると、3つの骨に分かれます。


骨盤の要:仙腸関節の構造的特徴…

☆単純に考えると、長時間立っていると、仙腸関節が、脱臼する可能性があります。それを、防いでいるのが、関節周辺の靱帯や関節包等の組織ですが、持続的な力が掛かれば、その柔軟性が無くなってしまうはずです。それが、仙骨のフリーズ状態です。

☆そこで、仙骨を前後左右に可動させることで、関節面に掛かる重力を分散させ、周辺組織の柔軟性を保つと共に、二本脚でのバランスを調整していると考えます。(車のサスペンションに似ています)



  車体が仙骨で、タイヤが脚…



☆イスやテーブルの脚は、最低3本無いと安定しません。しかし、人間は、二本脚で立っています。その二本脚を安定させているのが、仙骨の連動機能です! その連動により、常に、正常な骨格にリセットされるのです。


  →    →    →  
しかし、その仙骨がフリーズすると…

二本脚でのバランスが、保てなくなります。すると脳は、全身の筋力を使って、バランスを保とうとしますが、寝ている時以外は、常に筋肉を緊張させることになるため、筋肉は疲労し、体力が消耗/脊椎の異常な傾斜が起こります。それにより、難治なコリ・痛み等が、発症してしまうと考えます。これでは、自然治癒力が、いくらあっても足りません…。



補足:治癒力の証明…


☆転んで、擦りむいた経験があると思います。 その都度、病院に行かないと、治りませんでしたか?



医学の進歩で、多くの新しい病気が、発見されています。そして、個々の症状に対する、様々な治療法も考案されています。しかし、治療が、身体を治してくれるのなら、治らない人はいないはずです!

自然治癒力が、十分機能しなければ、どんな治療法も、無意味なのです。その最終手段を持っているのは、この自然界に只一人、あなたの身体だけです。だから…