初めて受療された方・前回より半年以上経過された方左記以外の方・定期メンテナンスの方次回のご来室について
  



受療当日の生活について…

☆激しい運動は避け、早めに寝る。☆あぐらや中腰等、腰を曲げる姿勢を避ける。 ☆アルコールは、平衡感覚を失わない程度の量なら可。

日常生活の注意点について…

☆立ちっ放し/座りっ放しは、仙骨フリーズの最大原因です。まめに、動き回りましょう。
☆普段から、少しだけ歩幅を大きく、気持ちだけ早足で、手を振って歩いていただければ、仙骨フリーズの防止になります。本来の身体に戻ると、虫の知らせがわかるようになります。

  



受療当日の生活について…

☆激しい運動は避け、早めに寝る。☆あぐらや中腰等、腰を曲げる姿勢を避ける。 ☆寝て入れる浴槽でなければ、シャワーだけに。 ☆アルコール類は、控えて下さい。

☆仙骨動可法後は、ボーっと、気だるくなるのが正常です。
☆通常は、動可法後1週間位の間に、「改善された」「前より良い」という感覚になります。その後、気付いたら、「そういえば、何でも無くなっている…」という経過を辿ります。
☆歪みのひどい身体ほど、歪みが修正される過程で、症状以外の場所に、張るような痛み等の変化が、出ることもありますが、曲がっている物を、真っ直ぐにすれば、他の場所に、歪みが起こるのは当然です。通常、3日程度で消えますので、耐えて下さい。
☆希に、「まったく変わっていない…」という方もいらっしゃいますが、その場合は、仙骨が再フリーズしている可能性がありますので、もう一度、ご来室戴ければと思います。
☆仙骨フリーズは、生きている限り起こります! ただ、身体が安定した方は、“手を振り、歩幅を広く、早足歩き”または“ハイハイ運動”を心掛けることで、自己解消出来ます。

次のような方は、変化しにくい場合があります…

☆諸症状が固定化され、長期間経過している方
☆マッサージ・電気治療・針等に通い、刺激慣れを起こしている方
☆仕事や生活で、寝不足気味/身体が過労状態/精神的なストレスが多い方
☆標準体重を、大幅に超えている方
☆精神安定剤や睡眠薬を服用している方
※再フリーズしている場合は、いくら様子を見ても、それ以上の変化が期待できませんので、早めのご来室を、お奨めいたします。

日常生活の注意点について…

☆立ちっ放し/座りっ放しは、仙骨フリーズの最大原因です。まめに、動き回りましょう。
☆普段から、少しだけ歩幅を大きく、気持ちだけ早足で、手を振って歩いていただければ、仙骨フリーズの防止になります。本来の身体に戻ると、虫の知らせがわかるようになります。

  



次回のご来室について…

痛みや痺れの症状で、施術を受けられた方は、1週間様子をみて下さい。日に日に、症状が改善されていれば、そのまま放っておきます。自然治癒力は、個人差がありますから、瞬時に良くなる方もいれば、ジワジワ良くなる方もいます。
万一、1週間様子を見ても、症状改善の兆しが感じられない場合や、途中で止まってしまった場合は、再度の仙骨チェックをお奨め致します。オフィスNは…

痛みや痺れの発症を未然に防ぐ

ことが、目標ですから、以下のような時に、ご来室戴けると、嬉しいです。

◆身体に不安を感じた時に、仙骨チェック♪
◆定期的に、仙骨チェック♪(理美容院に行く感覚で、1〜3ヶ月に1回が多いです)
◆虫の知らせを感じた時に、仙骨チェック♪
◆以下のフリーズサインが出た時に、仙骨チェック♪


疲れが抜けない/身体が重い

脚の長さが違ってきた…

脚が重く感じる/上がりにくい…

顔が歪んできた…

平地で躓く・段差を踏み外し易い…

脚を組まないと、落ち着いて座れなくなった…

☆毎日に通勤・通学・買い物時に出来るチェック法

普通の歩道や通路上で行うチェック法です。なるべく手ぶらの状態で、必ず、前方から人や自転車が、来ないことを確認してから、行って下さい。都市部で、人が多い場合は、公園の広場等で、行って下さい。

目を閉じて、普通に6歩程歩きます。1・2・3・4・5・6と数えると良いでしょう。そのまま目を開け、真っ直ぐ歩けていれば、ほぼ合格です。

もし、曲がっていたら、仙骨フリーズ要注意です。脇の構造物にぶつかってしまうような場合は、完全アウトです。近いうちに、強い痛みに襲われるか、転倒して怪我をするでしょう。

真っ直ぐ歩けた方は、今度は、目を閉じて、10歩程歩きます。これで、真っ直ぐで歩けていれば、当分大丈夫です。

また、手提げカバンや斜め掛けカバン利用時は、左右に持ち替えて、試してみましょう。どちらでも、真っ直ぐ歩ける場合は、不正確ながら、まあ大丈夫です。

もし、片方だけが、真っ直ぐ歩ける場合は、かなりヤバイです。突然の痛みに襲われる可能性大です。

☆毎日出来る簡単歪み確認法1

目を閉じて、30秒立ちます。そして、目を閉じたまま、その場で足踏みをします。重心バランスが崩れていると、重心側に倒れそうになるか、その方向に移動してしまいます。

☆毎日出来る簡単歪み確認法2 用意する物…ひも・テープ・錘

紐の尖端に、錘(5円玉でも何でも可)を付け、壁に向い、自分の目線よりも上に、テープで留める。紐の位置に合うように、床にテープを張る。

床のテープを挟むように、両足を閉じて、壁に向かって立ちます。

そのまま目を閉じて、30秒から1分…。そして、目を開けます。

目を開けた時に、紐が、真ん中に見えれば、OK! 

もし、左右にズレて見えたり、立っていられない場合は、仙骨フリーズの可能性があります。

☆仙骨動可法は、症状の予防を目指しています。強い症状には、必ず前兆があります。その時に、対処をすれば、未然に防ぐことが出来ます。

既に、発症してしまい、3日経っても軽減されなければ、仙骨チェック♪